暑さ対策・へちま補正パッド

 へちま補正パッド 

着物が体に添いやすいようフラットボディーに仕立てるため、一般的に腰にタオルを当てます。
手軽に暑さ対策するには、これを麻のタオルに変えてみるのも一案です。

さらに、おすすめしたいのは、へちま製の補正パッド。
軽くて通気性がよく、へちま帯板・帯枕と同様に、主に夏用として市販されています。
形も何種類かあるようです。

 へちま補正パッドの作り方 

へちま補正パッドは商品が少なくて売り切れが多く、人それぞれに自分に合った形や厚みが異なるので、自分専用のへちま補正パッドを手作りしてみましょう。
手作りなら市販の半額以下の費用でできます。

 ★材料
大きめのへちま
今回使用したのは長さ約30㎝、周囲28㎝
包み込む晒布など
形の目安にするため、手持ちのものがあれば用意

★作り方の手順

 自分に合う補正パッドを持っていれば、それに合わせて長さをカット
なければ18cm前後を目安に

 縦に一か所切り目を入れる

切れ目からカッターナイフを差し入れ、中の芯に縦に3~4カ所切れ目を入れて開く
 水に浸け、柔らかくして種や汚れを取り去る
このとき、より平たくなるように、繊維に切れ目を入れておく

平たくなってきたら水から取り出し、はみ出している芯の部分を適度な厚みにカット
 2分割した残りのへちまを縦に切り分け、同様に余分な芯を取り除き、両端に付ける
無駄な部分を丸くカット
ヒップ部分とウエスト部分のへちまを縫い付けると、ほぼ完成形に
 水にぬれてまだ柔らかいうちに、芯側を上にしてまな板で押さえて厚みを整える
そのまま置いて乾かすと、はい、できあがり
晒布などでカバーを作ってくるむ
今回表は晒布、裏は麻タオルを使用
両方とも晒布でもかまわない
左の洋装ボディの腰に着用すると、右のように寸胴に

 

★YouTube でもご覧いただけます

広告