肌着のくふう・うそつき半襦袢

はじめて着物を自分で着ようとすると、そもそも下には何を着けるものなのか悩みます。

まず下着として
ブラはなるべくカップなしのソフトタイプ、スポーツブラなどがあればベターです。
胸元を整えるために、できれば着物専用ブラをおすすめします。
経験上、特に年配ミセスには効果的だと思います。
ショーツは浅履きのローライズがトイレの時に助かります。

 着物スリップ+長襦袢が一般的 

次に肌着として
半襦袢+裾除け(すそよけ)を着けますが、
上下がつながったワンピースタイプの、着物スリップが便利で一般的です。
そして、この上に衿の付いた長襦袢を着ます。

着物スリップ

着物スリップ+長襦袢

長襦袢は季節によって仕立てが変化します。
冬用など一番暖かいのは、着物と同じように裏の付いた袷。
胴は単衣で袖だけ袷になった無双。
夏になったら単衣で、絽や麻の透け感のある素材になります。

また当然ですが、長襦袢は着物と裄や袖の長さが合っていなければいけません。
多少はごまかせるものの、サイズが違うと着物の袖口から長襦袢がたくさんはみ出してしまう、なんてこともありがちです。
ふだん着物遊びをはじめたころ、自分サイズで仕立てた着物と長襦袢ならいいのですが、リユース着物を活用しようとすると、長襦袢選びが案外難しいと感じました。

広告


 一枚で二役、うそつき半襦袢 

うそつき半襦袢

ふだん着物だったら、なるべく肌着を簡略化できないものでしょうか?
特に夏は、絽や麻素材の長襦袢を着ますが、それでも汗だくになってしまいます。

そこで夏の肌着としておすすめしたいのが
うそつき半襦袢(衿付き半襦袢ともいいます)です。
肌着の半襦袢に衿が付いた形をしており、長襦袢を着ずに一枚ですませることができます。
うそつき半襦袢が一枚あれば、TPOに合わせて以下のように使えます。

うそつき半襦袢+ステテコ

 
綿のうそつき半襦袢に綿クレープ生地の着物用ステテコを組み合わせています。
着物用のステテコは、普通のものより幅広&長めになっています。
小千谷縮や麻きものなどカジュアルなものなら、これだけで十分。
脚さばきがよく、汗をかいてもからみつきません。
着物の袖の長さも気にせずにすみます。
浴衣をおしゃれに着こなしたい時などにも、この肌着の組み合わせがおすすめです。

◆うそつき半襦袢+裾除け+付け袖

同じ綿のうそつき半襦袢に、麻の交織の絽紋紗の生地で作った裾除けと付け袖を組み合わせています。

絽の着物など透ける素材でもちょっと改まって着るときには、裾除けと付け袖は同じ絽の素材にした方がいいと思います。
柄物の付け袖も販売されていますが、白にしておく方が、着物を選ばなくて無難です。

 

 うそつきの素材やタイプは多種多様 

うそつき半襦袢の素材は綿、麻、速乾の新素材などがあります。

夏の絽の半衿付

涼しさを優先すると麻ですが、お値段が張ります。
私はうそつきを春や秋にも着るので、綿素材にしています。

市販されているうそつき半襦袢には、はじめから衿に半衿が縫いつけてあることが多く、そのまま洗濯できます。
夏は半衿が絽、袷の時期は
塩瀬になります。
どちらが付いていても、半衿だけならお安く販売しているので、掛け替えるといいでしょう。
また、付け袖がセットされたもの、別売のものがあるので、しっかり確認しましょう。

うそつき半襦袢に裾除けが縫いつけられたオールインワンタイプの、衿付き着物スリップ、というものもあります。商品名は『大うそつき・・・』(^v^)だそうです。

いろんな素材やタイプが市販されているのでご自分の必要なものを選びましょう。

また、うそつき半襦袢があれば、裾除けを袷の季節のものにすればオールシーズン対応できます。ふだん着物を楽しむなら持っていて損はないでしょう。

 

 

 

広告