肌着のくふう・裾除け&付け袖作り

 ミシン併用、直線縫いで楽々 

夏用だけでも、うそつき半襦袢に合わせる付け袖と裾除けは、自分で手作りするのも一案です。

必要な生地は、絽や麻などの長襦袢用の反物と、裾除けの腰の部分に使う晒しです。
反物の長さにもよりますが、1反で2~3着分できると思いますので、友人と分け合うのもいいでしょう。
直線縫いだけででき、ミシンを併用すれば一日ででき上がります。
縫い方は持っている長襦袢を見ながら同じように。
それほど厳密でなくてもいいと思います。

 リサイクル活用で裾除け作り 

◆肌着の裾除けを活用

お母様やお祖母様がきものを着ていたご家庭なら、ほとんどの場合、古い肌着の綿の裾除けがあると思います。
それがあれば、上から20㎝幅くらいのところで切り取り、活用しましょう。
これが裾除けの腰の部分になります。
絽の反物を長さ60~80㎝で縦4枚剥ぎにしたものを作ります。
これが裾除けの下の部分になります。
綿の上部と、絽の下部を縫い合わせるとでき上がり。

◆古い夏用長襦袢を活用

丈や裄が短くて使えない古い夏の長襦袢があれば、さらに簡単にできます。
身頃部分から袖をはずし、自分の希望の袖丈に縫い直せば、付け袖の完成。
 
身頃部分の裾から60~80㎝のところで切り、衿がかかっていたら衿を外して裾除けの下の部分にします。
上記の古い肌着の裾除けの上部と縫い合わせるとでき上がりです。
広告


 付け袖作り・縫い付け 

きものの袖は下の振りが丸くなっていますが、夏用の付け袖は丸く縫わなくても直線のままでも大丈夫です。
長襦袢の袖を見ながら同じように縫います。
夏用は裏のない単衣でOK。
作った付け袖は次のように縫い付けます。
一般的にはうそつき半襦袢の肩山に簡単に縫い付ける。
この場合、着る予定の着物の裄の長さに合わせて、その都度あらかじめ縫い付けることになる。
この手間を省略するなら、直接縫い付けずに、マジックテープにしておくと、着脱可能で裄の調節もできる
晴れてらすがおすすめするのは、着物側に付け袖を縫い付ける方法。

付け袖を着物の袖の内側に入れ、肩山を合わせてまち針で止める。
肩山を中心に20cm程度縫い付ける。

このとき縫い目が表に出ないように注意し、着物の縫いしろの重なった部分だけをすくい縫いする。
この方法なら、着物の袖から襦袢の袖がはみ出さないように、裄を合わせる必要がありません。
ふだん着物を着慣れている方の中には、袷の着物にも、付け袖をたくさん用意し、あらかじめ着物ごとに縫い付けている方もいるそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セミオーダー 東レシルック 洗える付け袖(無双タイプ)
価格:7560円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セミオーダー 東レシルック 洗える付け袖(単衣タイプ)
価格:4860円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

 

 

 

広告