31紫色地総絞り小紋+絹鼠色地花文袋帯

ショーウィンドウの展示用に、ボディーに着せ付けてみたコーディネイトです。
紫地の着物は、鹿の子絞りで桐の文様が大胆に表現されています。
おそらく昭和初期のもので、レトロモダンな雰囲気が素敵。

最初は、これに同じ時代のサーモンピンクの帯を合わせてみましたが、あまりにも時代感が出過ぎてしまい・・・いま一つ?
そこでこのシルバーっぽい現代の袋帯に替えてみました。
きちんとした二重太鼓にするよりカジュアルな角だし風に。

帯揚げは鹿の子絞りのピンク、帯締めは帯の一色を取って鮮やかなオレンジ。
帯揚げと帯締めをブルー系などに抑えると年配でも着られると思います。