33生成り色地黒紅唐草文総絞り+絹鼠地椿文髭紬名古屋帯

着物は生成り色の生地全体に、大きめの唐草模様の鹿の子絞りが施されています。よく見ると地色の所々に薄い黄色がぼかし染めしてあります。それに合わせて帯揚げは卵色、帯締めは白・黄・黒の縞にしています。
帯は薄いグレーに墨と白、金で椿が描かれています。糸がぷつぷつと飛び出しているひげ紬の帯は、ちょっと着物通っぽく見えるかしら?